妻と決意!排卵検査薬とクロミッドで求める子宝

子宝

心に決めた不妊治療

心に決めた不妊治療 排卵障害がある為に夫婦で子供を授かる事を望んでいるものの上手くいかない日々が続き、一年以上妊娠の成立をみる事が出来ず夫婦共通の悩みとなっています。
出来るだけ自然妊娠を目指しているので医療機関での治療を避けてきましたが、最近ではそうも言ってられず夫婦で婦人科に検査で受け治療を開始すると決めました。
もう不妊症である事は分かっていましたが、改めて専門医に言われると傷つくもんですね。
また男性の方にも原因はあると言われ、その時に初めて男性不妊という言葉を知り夫の精子量が少ない事が分かりステップアップ治療として夫婦で排卵を促す作用をもつ薬になる排卵誘発剤クロミッドの処方を受けました。
クロミッドは性腺刺激ホルモン不足により体が排卵が起こしにくい状態を作ってしまうので内服する事で分泌される量を増加させる事で卵胞の成長を促しまた大きく成長する事で排卵を起こす事を期待出来るもので、成功率も70%を超えており排卵は妊娠には無くてはならないものになるので、妊娠率はこれより下がるものの一先ずは安心出来ました。
また夫も同じ薬を内服しており、何やらこの薬は睾丸に作用させる事もでき雄性ホルモンの分泌量を高める事で健康な精子を形成する事が出来るらしく互いに同じ薬を内服し始め不妊治療をスタートしました。
排卵と健康な精子があっても妊娠するかどうかは正直な所、誰にも保証出来るものではないとは分かっていますが少しでも卵子と精子が出会え受精卵となる確率を高める事が出来るのであればそれに越した事はなく、排卵誘発剤を用いる事に当初は抵抗が無かったかと言えば嘘になりますが今では少しでも確率を上げて妊娠出来る事を望む様になりました。
ただ排卵日を気にし過ぎて夫に性交を求めると医師にも言われましたが焦りや精神への負担を増加させる事に繋がり別の原因であるED発症に繋がるとも言われたので焦らずゆっくりと互いの考えを尊重して治療をしていきいたいと思います。

About

当サイトでは子宝に恵まれない方々を対象としたサイトです。排卵のタイミングの見極め方や不妊治療のお薬などをご紹介しております。