妻と決意!排卵検査薬とクロミッドで求める子宝

子宝

子作りをサポートする薬

子作りをサポートする薬 クロミッドとは、排卵を誘発させる誘発剤になります。
妊娠を望む場合、まず排卵検査薬などで排卵しているか確認すると思われます。
しかしそこで中々排卵が起きない場合や、排卵が分かりにくいときに使用する排卵誘発剤と言うものがあります。
これは人工的に排卵を引き起こし、排卵日を操作することが可能となるのです。
不妊治療の一番最初のステップとしてタイミング法と言うものがあります。
タイミング法ですが、排卵日にパートナーと性行為をすることです。
この排卵日を予測するのが難しく、排卵してなければなおさら無理な話です。
そこでクロミッドを整理が始まってから3日から5日目に服用を始めます。
そして5日間1日1錠服用を続け、服用後およそ1週間から投下程度で排卵が起こります。
排卵検査薬を使用することでさらに排卵日を予測することができ、確実にタイミングを狙って性行為を行うことができます。
不妊治療は中々入りにくい門ですが、タイミング療法は誰でもできる比較的簡単な方法です。
薬を飲むことに抵抗がある方もいらっしゃいますが、生まれてくる子には何ら問題はありません。
クロミッドですが通常の排卵は一回につき卵子が一個放出されますが、使用した場合1個から3個程度卵子が放出されます。
これにより双子を妊娠する確率がかなり高くなるのです。
かんりといっても3%程度ですが、通常時よりは双子を妊娠しやすくなります。
双子を妊娠したいがためにこの薬を使用する方もいらっしゃいます。
不妊の原因ですが、もちろん排卵が無いだけではありません。
もちろん男性側に原因がある場合もありますし、女性側が原因の時もあります。
不妊治療は決して一人で行うものでは無く、パートナーと二人で行うものです。
日本は現在少子化社会でこのままいくと日本の経済は破綻してしまいます。
もちろん年金も今より払う額は増え、もらう額は少なくなることになります。
少子化問題は今危機に面しているのです。
一昔前まで不妊症は2年と言う定義でしたが、日本でも1年に変更されようとしています。
年齢を重ねるごとに妊娠は難しくなっていくので、早く子供がほしい方はなるべく早く治療するようにしましょう。
タイミング法は誰でもできる方法です。
もしこの方法がダメな場合は他の原因が考えられますので検査などして見てください。

About

当サイトでは子宝に恵まれない方々を対象としたサイトです。排卵のタイミングの見極め方や不妊治療のお薬などをご紹介しております。